賃貸の駐車場ての情報

賃貸マンションの契約と手付金

賃貸マンションの契約の申込時に申込証拠金として賃料の1ヶ月分相当額の金員を預け入れるケースがあります。そして、貸主の承諾があれば、通常はその申込証拠金を返金せずに、手付金に充当します。その後、かりに他の賃貸マンションが気に入ったため、キャンセルをした場合は、この預入れしていたお金は返ってきません。いわゆる手付金放棄による契約解除として扱われます。通常契約を解除するには、相手方に何らかの帰責事由が必要なのですが、この場合は預入れしていた金員を放棄するだけで契約が解除できるので、ある意味借主にとっては便利な制度であると言えるでしょう。

手付金の正しい理解について

私は以前、不動産会社で働いていました。賃貸物件の手付金についてよくわからない、という方も多いのでお教えします。契約を解除したら戻ってこない、と勘違いされている方も多いですが、期日をきちんと守って解約を伝え、返金して欲しいと申し出れば全額返金されることになっており、これも法律できちんと明記されています。契約書にも書かれているので必ず確認するようにしてください。手付金はいくらでもいいのではなく、上限が法律で決まっています。ただし、賃貸の場合は上限いっぱいまでとるところは少なく、家賃の金額に関わらず1万円程度、というところも多いです。

© Copyright 賃貸でも車を持っている人. All rights reserved.