賃貸の駐車場ての情報

定期借家の賃貸物件について

不動産の賃貸住宅には「定期借家」というものがあります。通常の賃貸住宅は契約期間が終了しても、入居者が続けて住むことを希望すれば更新手続きをすることができ、それまでどおり住むことができます。しかし定期借家は、契約期間が終了した段階で更新はできないという物件です。更新可能な場合は再契約ができることもありますが、その場合は更新ではなく再契約なので、再契約料が必要となります。入居者にとってのメリットはと言えば、やはり通常の物件よりも賃料が安くなっていることが多いです。ただし、どれだけ気に入った物件でも貸主から再契約を拒否されてしまえば住み続けられないので、その点をしっかり考えておかなければなりません。

定期借家制度について

定期借家制度は、平成12年3月から導入されました。一般の賃貸住宅は2年契約が一般的ですが、定期借家の場合は期間は貸主が自由に決めることができ、基本的には契約満期時の更新は認められません。貸主の承諾が得られた時のみ更新できるという物件です。例えば、この制度を利用すれば転勤している間だけ家を貸すこともでき、契約終了時には速やかに退去してもらうことができます。これは居座られたり、高額な立退料を支払わなければならなくなるような不利益を貸主が被らないようにするための制度です。貸主の権利を守られているので安心して貸すことができるので、優良な賃貸住宅の供給をすることができます。

© Copyright 賃貸でも車を持っている人. All rights reserved.